賃貸を選択するときには収納に注目するべき

賃貸物件の収納スペース

賃貸物件ですと、収納スペースがない物件もあります。1Rだと広々としていますが収納スペースがないイメージがあります。1K以上になるときちんと収納スペースがあり、コートなどをかける部分があります。高さによりますが、ある程度の高さなら上下に別の収納スペースがあります。私は上の方にアルバムや使わないものを収納し、下のスペース(コートなど)には夏物などその季節に着ない洋服などを置いています。収納スペースが二か所あれば、冬物と夏物にわけることもできますね。女性ですと服がどんどん増えてきてしまいますし、雑貨や趣味のものの増えていきます。広いクローゼットのほうだととても助かります。私は二か所あるので、わけます。一つはコートやダウンなど厚手のものを入れるスペース。もう一つはワンピースやブラウスなどの薄手のもので、季節ごとに着れるようにしています。女性ですと二か所以上あるとやはり便利ですね。

収納がいっぱいになると部屋の中に今度は新しいスペースを作りますね。部屋の中のほうは年中着るもの(ズボンや軽い上着など)を収納するスペースがあればいいですね。収納スペースを片付ければ入らない洋服も入りますので、使い方によって全然変わってきます。

このページもチェック!

Copyright (C)2017賃貸を選択するときには収納に注目するべき.All rights reserved.